買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
理工書カタログバナーリンク 図書館カタログバナーリンク
測度の考え方 ~測り測られることの数学~

測度の考え方 ~測り測られることの数学~

2,420(税込)

数量

△残りわずか/あと8

2023年1月10日紙版発売

四六判/264ページ

定価2,420円(本体2,200円+税10%)

ISBN 978-4-297-13243-9

 

この本の概要

「私たちは日常から長さや面積や体積を測っています。しかし,そもそも「測る」とはどういうことなのでしょうか。この「測る」ことを数学的に抽象化したものが測度です。本書では簡単な集合の解説から始めて,測れるもの,測ることができないものの性質を調べ,測度論とはいったい何をしているのかを易しく読み解いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 大学で測度論を勉強し始めた人
  • 測度論を学ぶ目的がいまいちピンとこない人
  • 集合とどう関係があるのかわからない人
  • 確率「測度」とのつながりがつかめない人など


 

この本に関連する書籍