買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
カタログバナーリンク
オンライン授業リンク
波と多項式を架橋する 〜異分野が響きあう,数学史を奏でる講義〜

波と多項式を架橋する 〜異分野が響きあう,数学史を奏でる講義〜

1,980(税込)

数量

2022年8月5日紙版発売

四六判/256ページ

定価1,980円(本体1,800円+税10%)

ISBN 978-4-297-12936-1

 

この本の概要

三角関数や微分積分の基本定理など,高校で学びますが,他の数学の分野とどうつながっているのでしょうか。たとえば,微分と積分を結びつけるのが微分積分の基本定理ですが,「心から理解している」人はあまりいません。三角関数,サイン,コサインの波が多項式とどうつながっていくのかを知ると,単に公式を覚えて終わりではもったいないと気が付いてもらえるかもしれません。単元自身の枠を超えた広い視野で眺めてみると本質が見えてきます。カルダノ,ニュートン,オイラー,チェビシェフといった大数学者たちが成し遂げたことは一体何だったのか。代数や解析をこれから本格的に学ぼうとする大学生にも楽しんでもらえます。

巻頭カラーを設け,グラフと図形を分かり易くご紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • 高校以上
  • 物理,代数,解析などの繋がりを知りたい人
  • 16世紀から19世紀までの数学史に関心がある人など

 

この本に関連する書籍