買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
カタログバナーリンク
オンライン授業リンク
[エンジニアのための]データ分析基盤入門 データ活用を促進する! プラットフォーム&データ品質の考え方

[エンジニアのための]データ分析基盤入門 データ活用を促進する! プラットフォーム&データ品質の考え方

2,992(税込)

数量

2022年2月24日紙版発売

B5変形判/272ページ

定価2,992円(本体2,720円+税10%)

ISBN 978-4-297-12724-4

 

この本の概要

システムとデータの両面にスポットを当て,データ分析基盤の整備/運用/活用の指針をまとめた入門書。
データ分析の中心にある「データ分析基盤」を取り巻く環境は,大きく変わりました。機械学習/ディープラーニング,マーケティング,需給予測,不正検知を筆頭にデータ利用が多角化し,データ分析基盤に求められる役割も多様化が進んでいます。
本書では,データ分析基盤の「今」に焦点を合わせ,基本用語の整理から歴史,クラウドをはじめとしたインフラ,主要な技術スタック,システムモデル,データドリブンのための可視化&測定術まで徹底解説。
合わせて,長期視点に立ったユーザー中心の運用に欠かせない「セルフサービス」「SSoT」に基づいたルール作り,それらを実現するためのゾーン/タグ管理,メタデータ管理,データの品質管理も平易にまとめました。
広くデータ分析基盤に関わるエンジニア/ユーザーの方々へ,ユーザーが自然と集まり,データ活用を促進するシステムの実現のために,実践で活かせる考え方をお届けします。

 

こんな方におすすめ

  • データ活用のために,データ分析基盤の開発に携わっているエンジニア
  • データ分析基盤を利用して分析を行い,より良いデータ活用環境を実現したいとお考えのユーザーの方々
  • データ分析基盤に関心をお持ちのインフラエンジニア,プログラマ,データ分析者

 

 

この本に関連する書籍