買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
理工書カタログバナーリンク 図書館カタログバナーリンク
古生物のりれきしょ

古生物のりれきしょ

2,970(税込)

数量

△残りわずか/あと10

ずかんシリーズ

古生物のりれきしょ


2024年7月26日紙版発売

B5判/128ページ

定価2,970円(本体2,700円+税10%)

ISBN 978-4-297-14335-0

 

この本の概要

「古生物」を履歴書的に紹介する,今までにない図鑑の登場です。

アノマロカリス,ダンクルオステウス,ティラノサウルス。以前は恐竜ばかり注目された古生物も,時代に応じて研究が進み,さまざまな人気古生物が生まれつつあります。そんな「古生物」の“研究の歴史”を図解するのが『古生物のりれきしょ』です。

今では広く知られるようになった古生物も,発見されて研究が進み,世に公開されるまでには,いろいろなドラマがありました。たとえばアノマロカリス。アノマロカリス自身が初めて見つかったのは,実は19世紀。そこからいろいろな経緯・研究を経て,現在の姿に至るまでにかかった時間は約130年。130年かかった裏側には,いろいろなドラマが隠されていたりします。

そうしたドラマを,イラストを交えながら分かりやすく解説。
 

  • 「最初の発見はこんな感じだったんだ」
  • 「発見当時は,こんな風な生物と考えられていたのか」
  • 「戦後のドサクサで,化石が行方不明になっていたんだ」

などなど,古生物が世に知られるまでのドラマをひとつずつ紐解きつつ,最新の見地における古生物の正体を紹介していきます。

図鑑を見るだけではわからない,古生物に隠された裏の世界。その世界を覗きながら,古生物に秘められたドラマをお楽しみください。

 

こんな方におすすめ

  • 古生物に興味のある小学校中学年以上の方
  • 恐竜などの研究について興味のある方
  • 公共図書館

この本に関連する書籍