買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
カタログバナーリンク
分水嶺の謎 峠は海から生まれた

分水嶺の謎 峠は海から生まれた

3,520(税込)

数量

〇在庫あり

分水嶺の謎 峠は海から生まれた


2023年9月16日紙版発売

A5判/416ページ

定価3,520円(本体3,200円+税10%)

ISBN 978-4-297-13697-0


 

この本の概要

峠はどうやってできたのか。河岸段丘は本当に川がつくったのか。大地を削り,山をつくったのは本当に川なのか。本書は地球科学の難問「日本列島,東西圧縮の謎」を解いた地質学者が,100年を超す地形学の常識を疑い,新たな視点で地形の成因をひもとく第1弾です。
 

第1弾『分水嶺の謎 峠は海から生まれた』とは……!?

本州に降り注いだ雨水を太平洋側と日本海側に分ける分水嶺は,不思議なことに,ときどき山の斜面を下って谷を横切り,隣の尾根に乗り移ってしまいます。

到底尾根とは思えない真っ平らな谷の真ん中を横切るこの不思議な分水嶺は「谷中分水界(こくちゅうぶんすいかい)」と呼ばれ,その成因は110年前にアメリカの地形学者・デービスが唱えた「河川の争奪説」で説明されてきました。河川の争奪とはひと言で言うと,川と川の国盗り合戦。川が隣接する川の上流部を奪い取ることです。その現象は長年,多くの地形研究者や地形ファンを魅了してきました。

しかし,「河川の争奪」は本当にあったのでしょうか。

旅の舞台は,インターネットの地理院地図。分水嶺を追跡し,不思議な地形をつぶさに観察。「河川の争奪」を考察する過程で見えてきたのは,「峠は海から生まれた!」という新事実でした。

思考実験を繰り返しながら,著者の妄想が確信に変わっていく過程。

サイエンスの現場をつぶさに追体験できる一冊です。
 

こんな方におすすめ

  • 分水嶺マニア
  • 地図や地形に関心のある方。Twitterの地形クラスタはターゲットど真ん中
  • 登山が好きな方
  • 自然の謎解きを疑似体験したい方々

この書籍に関連する記事があります!

著者の一言


 

 

この本に関連する書籍