買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
カタログバナーリンク
オンライン授業リンク
ウイルスの進化史を考える ~「巨大ウイルス」研究者がエヴィデンスを基に妄想ばなしを語ってみた~

ウイルスの進化史を考える ~「巨大ウイルス」研究者がエヴィデンスを基に妄想ばなしを語ってみた~

2,420(税込)

数量

2022年3月24日紙版発売

A5判/272ページ

定価2,420円(本体2,200円+税10%)

ISBN 978-4-297-12773-2

 

この本の概要

このご時世,ウイルスの本がちょっと刊行されてきたものの,「ウイルスの進化」をメインに扱った本はない。
その理由はおそらく簡単で,ウイルスの進化を研究する研究者がそれほど多くないことに加え,その進化のあらましの正確なところを,じつは誰も知らないからである。
まあ,誰も知らないというのはじつは言い過ぎで,研究をしている人は,さまざまなエヴィデンス(そのほとんどは分子系統学である)をもとにある程度の推測を行い,論文として発表しているわけだけれど,あくまでもそれは推測であって,真実をそのまま表しているわけではない(そんなことを言ったら,すべての生物学の分野がそうなのだが)。
だから,それをあたかも分かったかのような顔をして本を書くなどという危険な行為を,誰もしたがらないのである。

それをあえて行おうというのが,本書である。

「インフルエンザウイルスはどのようにインフルエンザウイルスたり得たのか?」
「コロナウイルスはどうやってRNAウイルスのなかから生じてきたのか?」

ウイルスの進化史を広い視点で見ると,そこにはどんな世界が広がっているのだろう?

 

こんな方におすすめ

  • ウイルスに関心のある方
  • ウイルスがどこからやってきたのか気になる方
  • ※エビデンスに基づいた科学的空想をお楽しみください

この本に関連する書籍