買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
カタログバナーリンク
オンライン授業リンク
Python最速データ収集術 〜スクレイピングでWeb情報を自動で集める

Python最速データ収集術 〜スクレイピングでWeb情報を自動で集める

1,980(税込)

数量

2022年1月22日紙版発売
清水義孝 著

A5判/256ページ

定価1,980円(本体1,800円+税10%)

ISBN 978-4-297-12641-4

 

この本の概要

「競合商品のデータを毎回探すのは大変」
「常にチェックしている売上ランキングをまとめおきたい」
「情報を集めるのに手間取って,じっくり分析する時間がない」
 

こんな情報収集の悩みは,プログラムを使えば解決できます!

多くのビジネスにおいて,自社や他社の商品情報や人気トレンド,口コミ評判などのデータ収集・分析は欠かせません。しかし,膨大なネット上の情報を手作業で集めるのは容易ではありません。データ収集に時間がかかりすぎてしまい,本来の目的である分析に時間をかけられないケースも多いでしょう。

そんなときは,データ収集をプログラムで自動化してみましょう!

本書では,プログラミング言語Python(パイソン)を使ったスクレイピングという技術で,WebページやSNSなどから自動でデータ収集する方法を学べます。初心者でも実践できるように,プログラミングやWebページのしくみの知識は必要最小限に抑え,練習用のページやサンプルのプログラムでスクレイピングを実践しながら学びます。練習用ページなどには,実際のビジネス利用シーンをイメージしやすい事例を用意しました。

プログラミングで業務を自動化・効率化したいビジネスパーソン必見の1冊です!

 

著者の一言

近年,さまざまなデータがWebページなどを通じて,インターネット上で共有されるようになってきています。ビジネスの現場においても,インターネットを通じて,製品の売上ランキングや他社の新製品情報などのデータを 収集する機会が増えてきています。
それにもかかわらず,効率的なデータ収集の方法は十分に普及していないでしょう。多くの人は,定期的にいくつかのWebページを訪問しては,更新されていないかチェックし,ダウンロードしたりコピーしたりして,データをいまだに手作業で集めています。その結果,データ収集にとても時間がかかってしまい,せっかく集めたデータを活用したくても,分析に使える時間が減ってしまっているのが現状です。
また,日常の業務を自動化・効率化するようなプログラミングの書籍もいくつか出版されていますが,多くのビジネスパーソンからはこんな声もよく聞かれます。

「プログラミングは難しそう」 「仕事が忙しく,勉強に使える時間もほとんどない」

そこで本書では,初心者でも理解しやすいプログラミング言語Pythonで,効率的にデータ収集する方法を学んでいきます。Pythonは他のプログラミング言語と比べてかんたんです。あらかじめ用意されたプログラムの部品(ライブラリ)を活用して,少ないコードで非常に多くのことを実現できます。
その中でも,Webページからのデータ収集に特化した「Webスクレイピング」のライブラリを活用することにより,自動的にデータを収集できるようになります。
本書では,以下のような解説を心がけました。
 

  • Python初心者でも理解できるように,プログラミング環境の準備からていねいに解説
  • Pythonやデータ収集の基本を最速で習得できるように,最低限必要なトピックに絞り込む
  • 実際にビジネスのどのような場面で利用すればよいかイメージしやすいように,実用的な事例を扱う

本書を通じて,Pythonを用いたWebスクレイピングで世界中のWebサイトから自動的にデータ収集する方法をマスターして頂き,データを効率的に収集・活用することで,ビジネスにおける成果の向上に貢献できれば幸いです。

(本書「はじめに」より)

 


 

この本に関連する書籍