買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
カタログバナーリンク
オンライン授業リンク
江戸時代の数学最前線 ~和算から見た行列式~

江戸時代の数学最前線 ~和算から見た行列式~

1,738(税込)

数量

2014年08月10日紙版発行



四六判/224ページ

定価1738円(本体+税10%)


ISBN: 9784774166018



この本の概要

和算研究の先駆けとなった関孝和は、高次の連立方程式の解法を、微分積分を作り上げたライプニッツよりも早く発見していました。本書では、関孝和がどのようにして方程式を解いたのかを解説します。