買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
Pythonプログラミング完全入門 ~ノンプログラマーのための実務効率化テキスト

Pythonプログラミング完全入門 ~ノンプログラマーのための実務効率化テキスト

3,520(税込)

数量

2021年8月2日紙版発売
高橋宣成 著

B5変形判/528ページ

定価3,520円(本体3,200円+税10%)

ISBN 978-4-297-12183-9

 

この本の概要

武器としてのPythonをこの1冊で身につける!

これから「Python」を学ぼうとしている皆さんは,おそらく,今後ITに関わっていくなかで必要な「スキル」を身をつけたり,自らの力で業務の自動化や効率化を実現したりといった,何らかの目的をもっていることかと思います。

プログラミングの学習は一朝一夕には効果が出ません。ある程度の時間を要することになるかと思いますが,「時間」とそのコントロールの重要性の認識が甘いまま進みはじめると挫折する可能性がとても高くなります。

本書の1章と2章では,そうしたプログラミング学習を行う上での時間管理なども含め,Pythonを学ぶ前の事前知識の習得と準備を行います。

 

第1部 準備編
Chapter01 Pythonを学びはじめる心構えを整えよう
Chapter02 Pythonを学ぶ環境を作ろう

「Python」は比較的簡単に学べる言語とはいえ,学習は長い道のりになります。心構えや準備は,その長い期間の学習活動を継続し,その効果を高めるという視点で重要です。

続いて,3章から6章までは,プログラミング言語Pythonの最初の一歩の基本から,関数やクラスといった部品化のテクニックまでを解説します。実務でPythonを活用する際の土台をしっかりと身につけるパートです。
 

第2部 文法編
Chapter03 Pythonプログラムの基本を知ろう
Chapter04 フロー制御について学ぼう
Chapter 05 データの集合について学ぼう
Chapter 06 プログラムを部品化しよう

7章から18章までは,クリップボード,ファイルやフォルダ,インターフェース,Excelファイル,QRコード,画像,PDF,スクレイピング,データ処理,グラフといった対象を操作する,実用的で具体的なツールを作りながら,そのために必要なモジュールとその組み立て方について学びます。
 

第3部 実践編
Chapter 07 Excelにデータを集めるツールを作ろう
Chapter 08 Excelレポートを更新するツールを作ろう
Chapter 09 Pythonを動かすインターフェースを作ろう
Chapter 10 スクレイピングツールを作ろう
Chapter 11 ブラウザを操作してスクレイピングをしよう
Chapter 12 画像を加工するツールを作ろう
Chapter 13 QRコード生成ツールを作ろう
Chapter 14 PDFを操作するツールを作ろう
Chapter 15 ZIPファイルを展開・圧縮するツールを作ろう
Chapter 16 Jupyter Notebookでノートブックを作ろう

本書を通して学習をすることで,皆さんの仕事のいくつかの面倒な業務をPythonに任せられるようになるはずです。また,別の実現したいことがあれば,ご自身で調べながら実現する地力がついていることでしょう。そして,そこから先,データ分析,AI・機械学習,Web開発,IoTなど,無限といってもよい「Python」の世界が広がっています。そこまでは多くの学習の積み重ねが必要ですが,皆さんご自身の働き方やキャリアにとって,「Python」が強力な武器になっていることでしょう。本書をぜひ,そのための最初の足がかりとしてご活用ください。

 

こんな方におすすめ

  • Pythonを基礎から学習したい人,コピペから脱却したい人
  • 業務の自動化に興味があり,マクロではできない効率化を実現したいと考えている人

 

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。