買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
税金の表と裏の教科書

税金の表と裏の教科書

1,760(税込)

数量

2021年4月19日紙版発売

四六判/256ページ

定価1,760円(本体1,600円+税10%)

ISBN 978-4-297-12036-8

 

この本の概要

あの手この手,いろんな名目でサイフからお金を抜いていくもの。その名は「税金」です。
年末調整や確定申告の際に必ず目にする「所得税」や「住民税」。会社の決算の後にかかってくる「法人税」。毎日の生活で払っている「消費税」。人生の節目で発生する「相続税」や「贈与税」。家や車を所有したときの「固定資産税」,「自動車税」。
「来年から税負担が増える」「一部○○〇の人は減税になる」「あの人は節税をうまくやっている」。そんな声を耳にすることがありますが,税金の基本的なことや「抜け穴」の知識をまとめてインプットする機会ってあるものでしょうか? ほとんどありませんよね。
本書は,税金の“表向き”の情報とともに,誰も教えてくれない“裏側”から見た税金のことを1冊にまとめました。
サラリーマンの税金,個人事業者・フリーランサーの税金,会社を経営する人の税金,投資や運用をする人の税金,そして日本に住む人誰しもが払っている税金。名前ばかりで実態がよくわからなかった「みんなの税金」のことが,ぐっとわかるようになります。税金対策を真剣に考えたい人の最初の本としてもオススメです。

 

こんな方におすすめ

  • 税金のことをゼロから知りたい方
  • いつも取られている税金の知識をまとめて仕入れたい方
  • 節税に興味がある方