“もしも”絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史

“もしも”絶滅した生物が進化し続けたなら ifの地球生命史

3,520(税込)

数量

B5判/200ページ

販売価格3,520円(本体3,200円+税)

ISBN 978-4-297-11920-1

 

【この本の概要】

大人が楽しめる,超リアルなビジュアルブック!
今回は,地球生命史における「if(もしも)の進化」に迫ります。

古生物は,すでに絶滅しています。
しかし,もしも古生物が“何らかの理由で”絶滅を回避し,子孫を残したとしたら,いったいどのような姿へと進化を遂げるのでしょう?

古生代の,あの甲冑魚が滅びなかったとしたら。
中生代の,あの肉食恐竜が滅びなかったとしたら。
新生代の,あの哺乳類が海洋進出をしなかったとしたら。

この本では,そんな「ifの物語」を,超リアルなCGを駆使して展開してみました。

もっとも,いくら「if の世界」であるとはいえ,この本に登場する“if の古生物” は,完全な想像ではありません。
これまでの研究によって明らかになっている進化の系統,生態,他の古生物たちとの関係,周囲の環境などの情報をもとに,専門家とともに
「この系譜で進化してきた古生物が,もしも,このまま進化を遂げたら,こんな種が登場したのではないか」
と“科学的思考実験”を行っています。

「あの魚,このまま進むとこんなになっちゃうの?」
「あの恐竜,こんな環境に進出しちゃうの?」
「あの哺乳類,食べ物を変えてこんな姿になるの?」

古生物たちの進化傾向と生存戦略を,直感的につかんでもらえます。

実在の古生物とifの古生物が交錯しながら展開する奇妙な世界。
古生物のもつ「思考実験を行う楽しさ」を感じてもらえる,マニアックな1冊です。

 

【こんな方におすすめ】

  • 古生物ファンの方
  • 古生物の各系統における進化や生存戦略に関心のある方
  • 『フューチャー・イズ・ワイルド』などの架空生物が大好きな方
  • SFやファンタジー系が好きな方にとくにおすすめです。