買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました
[増補改訂]良いコードを書く技術 ── 読みやすく保守しやすいプログラミング作法

[増補改訂]良いコードを書く技術 ── 読みやすく保守しやすいプログラミング作法

2,948(税込)

数量

2021年4月28日紙版発売

A5判/264ページ

定価2,948円(本体2,680円+税10%)

ISBN 978-4-297-12048-1

 

この本の概要

読みやすく保守しやすい「良いコード」の書き方を解説した入門書です。本書を読むと,良いコードを書くための習慣から,名前の付け方,コードの分割や集約を行う方法,抽象化の作法,計算量とアルゴリズム,ユニットテストやメタプログラミング,そして簡単なフレームワークの自作まで,プログラマーとして長く役立つ基本が身に付きます。

2011年に刊行し,大好評を博した初版を,10年ぶりに改訂しました。改訂版では,コード例をモダン化したほか,第7章「データ構造」を新たに書き下ろしました。10年ぶりの改訂であるにも関わらず,本書の根幹は驚くほど変わっていません。それはすなわち,基礎や基本といった本質的な知識は,陳腐化しないということです。

 

こんな方におすすめ

  • 良いコードを書きたいけれども,何から手を付けていいかわからない方
  • 良い仕事をしたい初級から中級のプログラマーの方
  • 読みやすく保守しやすいコードを書きたい方
  • 新人に良いコードとは何かを知ってほしい先輩・上司・達人プログラマーの方

 

この書籍に関連する記事があります!

はじめに
あなたはプログラマーですか? もしもプログラマーなら何のためにプログラムを書いていますか? 生活のため,それとも楽しいからでしょうか。
 
第1章 良いコードとは何か
良いコードとはいったいどのようなものでしょうか。良いコードを書くと何かうれしいことがあるのでしょうか。そもそも良いコードを書く必要があるのでしょうか。

 

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。